風俗求人

「でもしか」で働けるほど甘くはない風俗求人

黒いランジェリー姿の女性

■今は「でもしか」で働けるほど甘くない
「はあ、ついお金をたくさん使っちゃった・・・どうしたらいいんだろう?家賃も払えなーい、スマホ代も払えなーい」と嘆く女性。個人的に散財した場合は言うに及ばずですが、日本人の平均所得がどんどん右肩下がりになっている中、生活のためにどんな仕事も厭わずこなさなければならない人も多いでしょう。
そんなとき、女性であれば「風俗のお仕事」というものを頭に思い描く人も多いかもしれません。実際、雑誌やスマホの広告や街頭チラシ、フリーペーパーに堂々と「楽して高収入!」などと書かれていたら、個人差はあれど少なからず触手が動いてしまうことも。だからといって、「風俗『でも』やるか・・・」「風俗『しか』ないかなあ?」といったような、「でもしか」でやれるほど、今の風俗の仕事は甘くない、まずはこのことを認識してください。
■風俗で働きたい女性は「たくさん」います
その理由として、若年層にまでおしよせる貧困化の波、風俗に対する抵抗感の減少などがあげられます。前者のケースでいえば、昨今大学の学費が払えず奨学金を借りるも「奨学金破産」などに陥るケースが話題となっており、そのため大金を用意するために体を売る女子学生なども少ないこと。
後者のケースでいえば、特に昨今はスマホの普及と比例して誰もが動画を楽しむことが出来るようになったり、「女性向けAV」など、アダルト産業についての抵抗感がかつてほどは女性の間になくなってきているということも挙げられます。風俗求人にはこうした事情もあいまって、応募者が殺到しており、いざ応募したといってもなかなか採用されないケースが増えているのが現実です。